プログラミングはやめておけと言われる5つの理由【プログラミングの勉強は断然オススメ!】

プログラミングはやめておけと言われる5つの理由 プログラミング
プログラミングはやめておけと言われる5つの理由

こんにちは。

この記事を読んでいるあなたは、

・これからプログラミングの勉強をしたいと思ってるけど、実際うまくいくんだろうか?
・プログラミングの勉強を始めるにあたり、何かきをつけておくべきことはあるんだろか?

このように迷っているのではないでしょうか?

確かに、プログラミングの勉強は非常に多くの時間を投入することになるため、そのような悩みが出てくるのも必然だと思います。

そこでこの記事では、そういったあなたの悩みを解決できるような内容をお伝えしたいと思います。

  1. この記事を読んでわかること
  2. まず、結論
  3. この記事の信頼性
  4. プログラミングはやめておけと言われる理由5つ
    1. 1: エンジニア35歳定年説
    2. 2: これからプログラミングの勉強を始めるのが遅い / プログラミングの習得に時間がかかるから
    3. 3: エンジニア/プログラマーが大変な仕事だから
    4. 4: 常に勉強する必要があるから
    5. 5: 今後AIに取って代わられる仕事だから
  5. 「プログラミングはやめておけ」と言われる理由に対する僕の意見
    1. 前提
    2. 1: 「エンジニア35歳定年説があるから」への反論
    3. 2: 「これからプログラミングの勉強を始めるのが遅い / プログラミングの習得に時間がかかるから」に対する反論 (というか補足)
    4. 3: 「エンジニアが大変な仕事だから」に対する反論
    5. 4: 「常に勉強する必要があるから」に対する反論
    6. 5: 今後AIに取って代わられる仕事だから
  6. 僕がプログラミングをオススメする理由5つ
    1. 1: 一番つぶしがきく仕事だと思っているから
    2. 2: 年収を上げやすいから
    3. 3: その他にオススメの職業が見つからないから
    4. 4: プログラマーとしてうまく行かなくても、そこから派生する仕事で食べていくことができる
  7. こういう理由でプログラミングをやるのはオススメしない理由4つ
    1. 1: 今やっている仕事が何となく嫌だから
    2. 2: なんとなくPCに向かってカタカタやるのがカッコいいから
    3. 3: 高い年収が貰えそうだから
    4. 4: 自由な働き方ができそうだから
  8. プログラミングの始め方
    1. 初心者にオススメのプログラミング言語
    2. エンジニア転職や案件獲得までの考え方や案件の選び方
  9. まとめ

この記事を読んでわかること

この記事を読むことで、

・プログラミングはやめておけ、と主張する人の理由
・上記の主張に対する反論
・プログラミングの勉強をオススメする理由
・実際のプログラミングの始め方

こういった内容に関して理解することができます。

まず、結論

内容に入る前に、まず結論です。

この記事の結論 / 要約
・プログラミングはいろいろな理由(後述)により「やめとけ」と言われることがある。
・ただ、それは今のスピード感のある状況をベースにしたものではない。
 なので、プログラミングは全力で勉強すべき。
・ただし、プログラミングを勉強するときのモチベーションは、一部危険な場合があるので、そういったモチベーションのみで勉強をしようとしている場合は要・注意 (後述)

これ以降で、この結論 / 要約の詳細を説明していきます。

この記事の信頼性

僕は過去、独学でプログラミングを勉強し、新卒でエンジニアとして就職しました。

さらにそこからプロジェクトマネージャーなどの、プログラミングに関連する業種を転々としてきたこともあり、

・プログラミング自体や、プログラマーの仕事やその大変さ
・プログラミングを勉強することのメリット

こういったものを多角的な観点から理解しています。

この記事ではそういう、いろいろな観点から

・プログラミングをやめとけ、という人の主張
・僕がプログラミングの勉強をオススメする理由

などを説明することができます。

プログラミングはやめておけと言われる理由5つ

プログラミングはやめておけと言われる理由5つ

それでは早速、プログラミングはやめておけと言われる理由を説明していきたいと思います。

1: エンジニア35歳定年説

よく言われることですが、エンジニアやプログラマーのキャリアは以下のように言われます。

エンジニアやプログラマーが実際にプログラミングをするのは35歳まで。
それ以降はマネジメントとしてのキャリアを積むべき。

つまり、プログラミングを勉強しても35歳以降は使えなくなるという話です。

また、35歳を過ぎてくると最新の技術についていけなくなってくるという意味でも、プログラマーは35歳が限界である、と言われることがあります。

2: これからプログラミングの勉強を始めるのが遅い / プログラミングの習得に時間がかかるから

これはプログラミングによらないですが、何か新しいことをやろうとすると、

「今さら新しいことするの?」
「大変なんじゃないの?」

というコメントをする人が多くいます。

特にプログラミングは、習得に長い時間がかかるため、特にこのようなコメントが言われているようです。

1つのプログラミング言語を使いこなせるようになるまでにかかる時間
一般的な話で、プログラミング言語や個人に大きく依存するものではありますが、目安として1000時間くらいかければある程度実践的なスキルがつく、と言われています。

また、あなたが仮に30代、40代であれば、学生のときのような吸収率はなくなっています。
その上、今の仕事をしながらプログラミングの勉強をするとなると、さらに大変かもしれません。

3: エンジニア/プログラマーが大変な仕事だから

エンジニアは「IT土方」と言われるくらい、大変なプロジェクトがあるのは事実です。
仮にデスマーチと言われるプロジェクトに入れられると、毎日終電ということもあります。

 ネット上の記事でよく見かける話
忙しいときには、会社の床にダンボールを敷いて寝て、お風呂は銭湯に行っていた、という話はよく見かけますね。

こういうイメージから、世間的に「エンジニアやプログラマーは大変な仕事である」というイメージを強く持たれているようです。

また、納期へのプレッシャーなどが強いプロジェクトもあります。

現実的ではないスケジュールを設定されると、エンジニアがそのスケジュールに間に合わせるために頑張るしかない、というのも事実です。

4: 常に勉強する必要があるから

常に勉強する必要があるから

プログラミングに関する技術トレンドの変化の移り変わりは、かなり早いです。
去年最新だったものは、今年はすでに時代遅れになっていたりします。

また、プログラミングはそのトレンドの最先端をいく仕事/作業なので、常に勉強してトレンドに追いついたり、自分のスキルを上げ続ける努力が必須となります。

実際に、優秀なエンジニアは、例外なく土日のプライベートの時間を削ってプログラミングの勉強をしていいます。

ですので、これからプログラマーやエンジニアになりたい人は、そういう人以上に土日に勉強することが必要になります。

5: 今後AIに取って代わられる仕事だから

ここ最近、AIの進化が著しいのは事実です。
プログラミングの本質が、

「人間の手でやると時間がかかることの自動化」 

なので、そういう自動化ができる作業は、今後AIによって置き換わる可能性があります。

そういう意味で、あなたがわざわざプログラムを書かなくても、全部AIが自動的に完成させてくれる、という世界が来るかもしれません。

「プログラミングはやめておけ」と言われる理由に対する僕の意見

前提

僕はプログラミングは全員が勉強すべきだと思っています。

今後日本からGAFAMのような企業が出てくるには、ITの分野で日本の企業が飛躍的に伸びる必要があります。

ですので、その根本となっているプログラミングの力は必須です。

また、小学校のプログラミングが必修化されたように、日本ももっとプログラミングに力を入れる必要があると考えていることが伺えます。

こういう前提をベースに、ここからは、「プログラミングはやめておけ」と言われる5つの理由に対する、僕なりの反論をしていきたいと思います。

1: 「エンジニア35歳定年説があるから」への反論

正直、このコメントは一昔前までの考え方です。
このコメントが成立するのは、

・日本の人口が常に増えており、
・企業が従業員を終身雇用をすることが前提であり、
・従業員もどこかの会社に入ったら定年まで勤め上げる

という、古き良き時代の前提の上になり立っているものです。

そういった時代においては、

35歳の中堅になったら、マネジメントの仕事をして、後輩を教えるところに注力すべき

という考え方も納得ができます。

ただ、今は大企業であっても45歳で早期退職を募集している会社が沢山あります。
つまり、あなたが今勤めている会社があなたが定年するまで存続する保証はどこにもないということです。

また、GAFAMのような世界のトップを走る企業は、35歳以上の人もみな、プログラミングをしています。

こういった理由により、この35歳定年説に関しては気にする必要はないと考えています。

2: 「これからプログラミングの勉強を始めるのが遅い / プログラミングの習得に時間がかかるから」に対する反論 (というか補足)

確かに、もっと前にプログラミングを始められた方がよかったのかもしれません。
ただ、時間は返ってこないですし、今日があなたにとって一番若い日です。
そういう意味で、今日から始めない理由はありません。

「もう手遅れかな」と悩んでいるうちに、少しずつ時間が経ってしまい、本当の手遅れになるリスクがあります。
もしあなたがプログラミングを勉強したいと思うのであれば、今日、というより、今すぐ!勉強を開始しましょう。

3: 「エンジニアが大変な仕事だから」に対する反論

「エンジニアが大変な仕事だから」に対する反論

もちろんエンジニアやプログラマーは楽な仕事ではありません。

場合によっては毎日終電になることもあるでしょうし、土日に働いたり、家に仕事を持ち帰る必要があることもあるでしょう。

ただ、これからプログラミングを勉強しようとしているあなたに問います。

・エンジニアやプログラマー以外に、楽な仕事ってありますか?
・もし仮にそれ以外の楽な仕事があったとして、その仕事をあなたは本当に選んでも大丈夫ですか?
・その仕事はあなたが本当にやりたい仕事ですか?
・その仕事をするうちに、自分のスキルがついていないのではないか?と不安になることはありませんか?
・プログラミングのように、手に職をつけたいと思ったりしませんか?

もしこれらの質問に対して胸を張って問題ない!と言い切れるのであれば、プログラミングの勉強をやめて、その楽な仕事をするのがいいと思います。

4: 「常に勉強する必要があるから」に対する反論

これも、これからプログラミングを勉強しようとしているあなたに問います。

・(プログラミングに限らず)勉強しないで、いい仕事をし続けることはできますか?
・勉強をしない状態で年収を上げ続けることは出来ますか?

社会人になったらプライベートの時間はゆっくりする・・・という考え方を否定するつもりはありませんが、プロとして仕事をするのであれば、勉強は継続すべきだと思います。

特にエンジニアやプログラマーのような進化の早い職業においては、勉強は必須です。

5: 今後AIに取って代わられる仕事だから

確かに、あなたのやっている/やろうとしているプログラミングの内容がAIでもできるようなプログラミングであれば、置き換えられることもあるでしょう。

ただ、AIと、人間であるあなたの決定的に違うのは、

文脈をよんでそのときの対応を変える 

など、非常に高度で人間的な内容です。

プログラミングに限らず、「人間だからこそできるような部分」に関しては、すぐに置き換えられるということもないと考えています。

もっと先に置き換えられそうな仕事
AIというよりRPA (Robotic Process Automation)かもしれませんが、時給をもらって仕事をする内容は、プログラミングよりも早く置き換えられる可能性があると考えています。

また、プログラミングが置き換えられるとすると、その他のもっと単純な作業に関しては、さらに早いタイミングでAIに置き換えられることになります。

僕がプログラミングをオススメする理由5つ

僕がプログラミングをオススメする理由5つ

続いて、僕がプログラミングをオススメする理由の4つを紹介したいと思います。

1: 一番つぶしがきく仕事だと思っているから

そもそも現在はIT人材が不足しており、売り手市場です。
なので、多少プログラミングのスキルが不足していたとしても買ってくれる企業は多くあります。

実際、僕もこれまで多くのエンジニアと接してきましたが、

このスキルレベルでこんなにもらってるのか・・・

と思うような人は数多くいました。

なので、ぶっちゃけプログラミングのスキルは低くてもエンジニアやプログラマーとして仕事をしている人は市場にかなりたくさんいます。

言い換えると、そういう「微妙なスキルだな」と思われるレベルでも仕事がもらえるというのは、プログラマーの大きなメリットではないかと思います。

2: 年収を上げやすいから

プログラミングでトップレベルになると、年収1000万円も見えてきます。

さらに、自分でプログラミングをする以外にも、より上流工程を担当することで、さらに年収を上げやすくなります。

 「上流工程」の例
システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなど、より「人と人とのコミュニケーションで成立する」ようなものが代表例です。

プログラミングの知識をベースに、のより上流工程を担当する役割になることができれば、さらに年収を上げやすくなります。

このように、プログラミングを勉強することで、

あなた自身がプログラマーになる方法以外にも、
プログラミングの作業時代は他の人にまかせて、自分はより上流工程を担当する

というような役割や進路もあます。

3: その他にオススメの職業が見つからないから

一般的に、高い年収を得られる仕事は何かしらの資格が必要となります。
こういった資格は、学校に何年も通ってようやく得られるものもあります。

一方でプログラマーやエンジニアはそういった資格が求められることは特にありません。
言い換えると、「実力さえられば活躍できるし、年収を上げることもできる」となります。

このように、資格が不要で高い年収をもらえる可能性がある、それがエンジニアだったりプログラマーだったりします。

 注意ポイント
もちろん、単純にエンジニアやプログラマーになれば年収が上がるということはありません。
大前提として努力をしてスキルをつける必要があります。

4: プログラマーとしてうまく行かなくても、そこから派生する仕事で食べていくことができる

プログラマーとしてうまく行かなくても、そこから派生する仕事で食べていくことができる

今あなたが目指しているのがプログラマーで、仮にあなたにプログラミングのセンスがなかったとします。
それであっても、その他のスキルとかけあわせることで、他の人にはない強みを出すことができます。

例えば以下のような例です。

 他のスキルとのかけあわせ例
・営業力やプレゼンテーション力がある場合: IT系コンサル
・顧客との折衝が得意: システムエンジニア

このように、一度プログラミングを覚えるとそれ以外のことに流用できる幅が大きいのもプログラミングを勉強する魅力の1つです。

特にプログラミングをやったことがある人とない人では、システムの観点を持った提案が出来るかどうか?に大きく関わってきます。

そういう意味でも、一度はプログラミングを勉強しておくべきだと考えています。

こういう理由でプログラミングをやるのはオススメしない理由4つ

ここまで、プログラミングの勉強をすることをオススメしてきました。
ただ、そのモチベーションがよくないものだと結果が出ないことがあります。

そこで、この章では、プログラミングの勉強をする上であまりよくないモチベーションを紹介していきます。

1: 今やっている仕事が何となく嫌だから

これはプログラミングというより、転職などの全般に関わるコメントかもしれません。

もしあなたが

今の職場イヤだな・・・プログラマーになりたい!

という理由だけでプログラミングを勉強しているのであれば、その勉強はオススメしません。

もちろん今の職場の嫌な部分を解決できる手段としてのプログラミングであればよいと思います。

ただ、単なる逃げのプログラミングの勉強 / 転職の場合、新しい職場や案件でも同じような状態になるとまた逃げてしまう可能性があります。

新しい仕事を探す事自体は否定しませんが、今の仕事を辞めるに向けて、

・辞める理由の整理
・プログラミングを勉強するロジックやプログラマーになると解決できると考えられることの整理

このあたりはきちんとやっておきましょう。

2: なんとなくPCに向かってカタカタやるのがカッコいいから

なんとなくPCに向かってカタカタやるのがカッコいいから

確かに、プログラマーになると、一日中PCに向かって作業をしていることもあります。
それがカッコいい、と思う人もいるかもしれません。

ただ、実際は以下のようなことも比較的よくあります。

(全部僕の体験談です)
・一日の半分くらいはミーティングをしている
・締め切りまであと1時間というギリギリの状態で、嫌な汗をかきながら不具合を修正する
・他の人のせいで自分も夜遅くまで仕事をする必要が出できた

プログラマーの実情としては、そんなにカッコいいものではなく、実際は非常に泥臭い作業がほとんどです。
そして、強いストレスがかかることがあることも知っておくべきです。

3: 高い年収が貰えそうだから

確かに、優秀なエンジニアになると年収1000万円を超えることもあります。

ただ、未経験からプログラマーになった人にそんな給料を出す会社はありません

もしそんな会社があるとすると、異常なくらいブラックな職場であることを疑うべきです。

エンジニアやプログラマーは高い年収がもらえるポテンシャルはありますが、必ずしもあなたが年収1000万円をもらえるとは限らない、ということは理解しておきましょう。

4: 自由な働き方ができそうだから

確かにプログラマーの多くは、リモートワークでオフィスに行かずに家から仕事をしている人も多くいます。

ただ、その在宅はいつまで続くかわかりません。
会社の方針1つで、その在宅での作業がいつ終わってもおかしくありません。

ですので、自由な働き方を条件の1つとして考えるのはいいと思いますが、それだけを目当てにプログラマーになるのは危険です。

プログラミングの始め方

プログラミングの始め方

それでは最後に、未経験の人がプログラミングを始めるに向けて、どのように勉強をすすめるとよいか?を紹介したいと思います。

このブログでは、こういった情報をたくさん発信しているので、詳しく知りたい方は、以下のブログ記事を見ていただければと思います。

初心者にオススメのプログラミング言語

たくさんあるプログラミング言語のうち、どのプログラミング言語から始めるといいか?を紹介しています。

初めてのプログラミング【超初心者から、一歩目を踏み出す方法】

「プログラミングって何?」「プログラミングするにはどんなものが必要なの?」というような、基本的な情報をまとめました。
まだ何もわからない・・・!という人は、こちらの記事から読んでみてください。

初心者におすすめのプログラム言語【いろいろな観点踏まえてTop3発表】

たくさんあるプログラミング言語のうち、初心者にオススメのプログラミング言語のTop 3を紹介しています。

エンジニア転職や案件獲得までの考え方や案件の選び方

未経験からエンジニアへの転職で、応募すべき求人とは【年収が上がるところを選べ】

ある程度のプログラミングスキルに到達したら、具体的に転職する企業を探すことになります。
とはいえ、世の中に企業も数多くあるので、プログラマーやエンジニア未経験の人がどのような企業を選べばいいか?という考え方をまとめたものです。

未経験可のエンジニア求人、どうやって選ぶ?【超具体的な求人の選び方】

募集要項の中身に触れつつ、プログラマーやエンジニア未経験の人が具体的に選ぶべき案件の特徴をまとめています。
これを読むことで(初心者にとっての)地雷案件を防ぐことができます。

まとめ

それではこの記事の内容をまとめたいと思います。

「プログラミングをやめとけ」という人の根拠は、以下の5つです。

「プログラミンはやめとけ」と言われる5つの理由
1: エンジニア35歳定年説があるから
2: これからプログラミングの勉強を始めるのが遅い / プログラミングの習得に時間がかかるから
3: エンジニアが大変な仕事だから
4: 常に勉強する必要があるから
5: 今後AIに取って代わられる仕事だから

とはいえ、そのどれもが、

・今の時代にそぐわないものだったり
・プログラミングやプログラマーの話に限らないものだったり

というような指摘ばかりであることを解説してきました。

一方で、プログラミングを勉強するための理由としてオススメしないのは以下の4つです。

プログラミングを勉強するときの理由としてオススメしないもの4つ
1: 今やっている仕事が何となく嫌だから
2: なんとなくPCに向かってカタカタやるのがカッコいいから
3: 高い年収が貰えそうだから
4: 自由な働き方ができそうだから

こういったモチベーションだけでプログラミングの勉強をしようとしている人は、一度「何故プログラミングを勉強しようとしているのか?」を深く考えることをオススメします。

この記事は以上です。

あなたが不安のないプログラミングの勉強を行い、プログラマーやエンジニアとして転職や案件の獲得ができることを願っています!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました