30代未経験からプログラマーを目指すための戦略【強みを生かし、唯一の存在になる】

30代未経験からプログラマーを目指すには? 転職対策
30代未経験からプログラマーを目指すには?

こんにちは。

これを読んでいるあなたは、

30代未経験の状態からプログラマーを目指しても大丈夫だろうか?
30代未経験でプログラマーになった場合、最速で成果を出すにはどうしたらいいのか?

というようなことを考えているのではないでしょうか?

プログラミングの勉強だけでも大変だと思います。

かつ、すでに20代でプログラマーとしてバリバリ働いている人もいる状態なので、そういった人たちに追いつけるのか?という不安もあると思います。

そういった意味でも、未経験からエンジニアを目指すのは、本当に勇気が必要ですよね。

この記事を読んで分かること

30代未経験からプログラマーになることができるのか?を、僕の経験を元に解説します。

また、記事の後半では、30代未経験の状態でも、出来る限り早く成果を出すための具体的なアクションを解説します。

まずは結論

まずは結論です。

30代未経験からプログラマーになれるのか?

まずはこの質問に答えましょう。

答えは、

30代未経験からでもプログラマーになれます!

とはいえ、何も考えずにプログラマーになるのは他の優秀なプログラマーと正面から戦うことになり、不利です。

そこで、あなたが取るべき戦略は、以下ものになります。

あなたがとるべき戦略
これまで培ってきたいろいろなスキルを使い、単なるプログラマーとしてではなく、会社やプロジェクトにより大きな貢献が出来るような動き方をする

30代になれば、20代のプログラマーよりも過去にいろいろな経験をしてきたはずです。

そういった経験を生かして、顧客や会社の困っていることを先回りしてやってあげることで、あなたは他のプログラマーでは変えの聞かない、貴重な存在になることができます。

この記事の信頼性

この記事で説明していることには、大きく分けて2つの背景があります。

 記事の信憑性
・1: 僕自身が面接官をやっていたので、採用をする側の気持ちが分かること。
 もし仮に自分が30代未経験のプログラマーを採用するならどんなことを期待するか?という観点でこの記事をまとめています。

・2: 過去に自社開発や受託開発など多くのソフトウェアプロジェクトに参画していく中で、それぞれのプロジェクトで共通の悩みが分かっていること。
 この記事では、そういった知見も取り込んで、具体的にそういったソフトウェアプロジェクトが困っていることを書いています。

それでは早速内容に入りましょう。

30代未経験からプログラマーになるのが難しいと言われる3つの理由

30代未経験からプログラマーになるのが難しいと言われる3つの理由

まず前提として、30代未経験からプログラマーになるのが難しい、と言われる3つの理由を説明したいと思います。

1: 30代からは即戦力を期待されるから

これはよく知られている事実かもしれませんが、ポテンシャル採用をしてくれるのは基本的に20代までとなります。

20代で未経験の場合は「第二新卒」というような言い方で、今後の成長に期待してくれることもあります。

ただ、30代になると、そのような伸びしろへの期待ではなく、即戦力となることが求められます。

面接で確認されるのは、

「いかに明日から自社のビジネスに貢献してくれるか?」

という一点に尽きます。

ただ、この問いに未経験からプログラマーを目指す人が答えるのはなかなか難しいです。
余程自分なりの活躍の方法を考えておかない限りは、なかなか即戦力にはなりません。

2: 採用時に、プログラミング以外のことも求められる傾向にあるから

1つ目の話と似ているのですが、30代だと、プログラミング以外のことも求められる傾向にあります。

具体例はこんな感じです。

30代でプログラミング以外で求められること
・難しい調整をこなせる、高い調整力
・チームのモチベーションを高めることができるリーダーシップ
・自社の製品をクライアントに売り込むことが出来る営業力

かなり広いスキルを求められていると感じませんか?

30代というだけで、書類選考や面接のときに、こういった部分を含め、評価されることになります。

3: IT企業の組織とマッチしないと考えられるから

IT企業は、一般に年齢が若いケースが多く見られます。
早い場合は、20代中盤でマネージャーになることもあります。

つまり、30代の人が入ってきたら、その組織のマネージャーは、年上の部下を持つことになります。

年上の部下は、マネージャーとしても部下としてもやりづらいことが多いため、それだけで採用を敬遠される理由の1つになります。

また、全体的に年齢が低いと、組織全体の雰囲気や会話の内容が若いことが多く、30代の人が一人だけの組織の場合は、一人だけ浮いてしまう可能性があります。

さらに、30代になると、

自分なりの仕事のやり方
自分なりの考え方

などの、「自分なりの仕事のやり方」が固まってきます。

もちろんこれ自体は悪いことではないのですが、20代のような吸収力を求めている企業からすると、場合によっては「頑固な人だ」という捉えられ方をされかねません。

30代未経験からプログラマーになるための具体的な方法

30代未経験からプログラマーになるための具体的な方法

ここまで、30代で未経験からプログラマーになるときの難しいポイントを整理してきました。
ただ、僕は30代未経験であったとしても、そこからプログラマーになれると考えています。

ここからはその理由と、実際にプログラマーになるための戦略を説明していきます。

(前提)30代に求められること

まず、30代に求められる役割に関して整理したいと思います。

一言でいうと、(これは職種がプログラマーかどうかに関わらないのですが)、30代に求められるのは自分ひとりのスキルを最大化するだけではなく

組織やチーム、プロジェクト全体のアウトプットを最大化する動き

が必要となってきます。

これは、フリーランスを目指している人にも関係のある話です。
フリーランスであっても、自分ならではの付加価値をつけて単価を上げていくには必要なスキルとなります。

逆にいうと、プログラミングがどれだけ出来たとしても、(余程プログラミングなどのスキルが優秀な天才であれば話は別ですが)「チーム全体のアウトプットを上げる動き」ができない限りは、自分の年収や単価は上がりません。

この「組織やチーム、プロジェクト全体のアウトプットを最大化する」をエンジニアの例でわかりやすく言うと、こうなります。

 「組織やチーム、プロジェクト全体のアウトプットを最大化する」の詳細
一人のプログラマーとしてプログラミングのアウトプットを出すだけではなく、
そのプロジェクトをうまく進行させるためのいろいろな働きかけや動きかけを行うこと。

なので、30代からプログラマーを目指す場合は、プログラミングなどのスキルに加えて、上記のような経験やスキルも求められます。

ここだけを見ると、

プログラミングも以外のスキルも求められて大変だ・・・

というように思われるかもしれませんが、逆にいうと、

プログラミングのスキルだけで戦う必要がない

ということです。

いまエンジニアをしている20代の人は、早い人は大学に入る前から、毎日プログラミングをしてきいています。
なので、今のあなたとは圧倒的な差がついていると考えた方がよいです。

前提から考える戦略

以上のことから、プログラミング一本で勝負するのではなく、他のスキルも活かすことを考えます。

そして、おそらく多くの場合(上記の繰り返しになりますが)

・これまで多くの人とコミュニケーションをしてきた経験
・何か問題があっても落ち着いて対応できるような経験値

こういったものが、強みになってくると想像されます。

もちろんこれ以外の強みがあればそれを生かせれば問題ありません。

ただ、30代になり、20代の人よりも長い社会人経験は、上記のようなスキルや経験に一番反映されると思います。
ですので、ここでは、上記で挙げたようなスキルや経験があるものとして、話を進めていこうと思います。

自分にそんなスキルも経験もない!というあなたへ
大体の場合、あなたが気づいていないだけで、知らないうちにコミュニケーション能力や対応力などは上がっています。
20代前半の頃に比べて、他の人と冷静にやりとりできるようになっていませんか?

もし「どう考えてもそんなスキルついてない!」という方は、これまでやってきたその他のスキルを、ここに書いてある記事を参考に転用できないか?を考えてみてください。

ここまでをまとめると、30代未経験からプログラマーを目指すあなたの基本戦略は、以下をオススメします。

30代未経験からプログラマーを目指すときの基本戦略
・プログラミングの勉強をしてプログラマーとしての基礎スキルをつける
・加えて、これまでの経験や培ったスキルを活かし、他のエンジニアやプログラマーと差別化を行う

こうすることでプログラミングを頑張らないといけない量を減らしつつ、未経験からエンジニアになれる可能性を上げることができると考えています。

具体的にどのようなことをしたらいいのか?

具体的にどのようなことをしたらいいのか?

基本的な戦略が分かったところで、それを具体的なアクションに落としていきましょう。

改めて、先程の戦略は以下の通りです。

30代未経験からプログラマーを目指すときの基本戦略
・プログラミングの勉強をしてプログラマーとしての基礎スキルをつける
・加えて、これまでの経験や培ったスキルを活かし、他のエンジニアやプログラマーと差別化を行う

それではまずは1つ目から順に、どうやったらいいか?を考えていきましょう。

プログラミングの勉強をして、プログラマーとしての基礎スキルをつける

大前提として、プログラマーになるためための必要最低限度のスキルを身につける必要があります。

具体的には以下のような内容を考える必要があります。

未経験からプログラミングを勉強するときに考えるべきこと
・どのプログラミング言語を勉強するか?
・未経験からプログラマーとして転職するためにどのくらいの時間かかるか?
・転職するためにどういった準備が必要か?

こういった話は別の記事ですでに取り扱っているので、ここで深く扱うことはしません。

もし、

これからプログラミングの勉強をするけどどのプログラミング言語を勉強したらいいか分からない!

ということであれば、以下の記事を読んでいただければと思います。

ということであれば、以下の記事を読んで見ていただければと思います。

参考: 未経験からのプログラミングの独学方法【効率が良い&超具体的な方法を公開】

参考までに、要点だけ記載すると、こんな感じです。

 未経験からのプログラミングの独学方法
・1: 目標を設定する
・2: Progateやドットインストールで5割〜8割くらいの理解度(書けなくていい)を目指す
・3: (1回目)サンプルアプリを変更して作りたいものを作る (目標の20%程度の出来でOK)
・4: (2回目)サンプルアプリを変更して作りたいものを作る (目標の50%程度の出来でOK)
・5: フルスクラッチで作りたいものを作る (目標の80%程度の出来でOK)
・6: 自信を持って転職活動 or 案件獲得にGo!

また、どんな言語がいいか分からない!という方は、以下の記事を見てみてください。

参考: プログラミング初心者が選ぶべき言語は?【挫折しない&案件獲得に向けた考え方】

こちらも要点だけ抜き出すと、

プログラミング初心者が選ぶべき言語
・最初にHTML/CSSを勉強
・続いて、JavaScriptを勉強

です。

これまでの経験や培ったスキルを活かし、他のエンジニアやプログラマーと差別化を行う

これまでの経験や培ったスキルを活かし、他のエンジニアやプログラマーと差別化を行う

続いて30代未経験からプログラマーを目指す時の戦略の後半部分を考えていきましょう。

ここでは、プログラマーが働くであろう以下2つの開発形態において、両方で通用する方法を提案します。

 プログラマーが働くであろう開発形態
・自社開発
・受託開発/人材派遣

この2つの開発形態において、

・それぞれの開発形態で不足しているものが何か?
・30代であるあなたがプログラマーになるために、どうすればいいのか? 

に関して見ていきましょう。

自社開発の場合

これは、自社のプロダクトを作るケースが該当します。
プログラマーになりたい人には、自社開発のプロダクトに携わりたい人が多いのではないでしょうか。

自社開発の場合、大体、どのソフトウェアプロジェクトにおいても、

・プロジェクトマネージャー
・企画者や仕様担当者

のところがボトルネックになり、プログラマーの作業ができないことが発生します。

なので、このボトルネックを解決することが、プロジェクトへの大きな貢献になります。

そこで、これまでの経験値のあるあなたがヘルプに入る価値がでてきます。
プログラマーという枠組みを超えて、プロジェクトマネージャーや企画者、仕様担当者の手がまわっていないところにヘルプに入ってみましょう。
少しのヘルプであっても、プロジェクト全体が大きく助かることがあります。

もしあなたに、

「プログラマーとしては未経験だけと、いろいろな人と話をしてきた」

という経験があれば、以下のような動き方をするとよいです。

自社開発プロジェクトを進めるための、エンジニアができるヘルプ

・何かプログラマーの視点で見えてきた問題点を整理して、プロジェクトマネージャーに伝える
(例えば、特定の不具合がプロジェクト進行を阻害していることが分かれば、その不具合をプロジェクトマネージャーに報告したりするなど)

・企画担当者との打ち合わせの場において、「企画担当者のやりたいこと」を聞き出しつつ、「プログラミングの観点で実現しやすい」企画を提案する

・仕様が決まっていない箇所をリストアップして仕様担当者に伝える

・仕様に関する質疑応答を行う表を作り、仕様担当者に伝える

このようなことができれば、あなたはそのプロジェクトにおいて、

プログラミングとしては一流ではないかもしれないけど、全体進行に大きく貢献できる、なくてはならない存在

になることができます。

ここに書いてある内容が分からない!という人へ
プログラマーになる前だと、ここに書いてある用語が分かりづらいかもしれません。
ただ、プログラマーになって1ヶ月後には、

「このことか・・・!!」

というように分かるはずです。

受託開発/人材派遣の場合

受託開発/人材派遣の場合

まずは「受託開発や人材派遣」の概要ですが、

どこかの企業から開発の依頼を受け、プログラミングなどをした結果を納品する (受託開発)
顧客のオフィスなどに出向き、そこで開発を行う (人材派遣)

です。

この2つのプログラマーの業務では、一般的に「目の前の作業をする」という風になりがちです。
これは、受託開発のプログラマーのやる気がないとかスキルが低いとかそういうことではなく、

(受託開発や人材派遣なので)受託している会社やプログラマーが、ビジネス上の責任を負えない

という前提があるためです。

何か問題があったときにその責任を負うのは、発注している側の会社となります。
なので、受託や派遣をしている側としては発注元に迷惑をかけないために、物事を自分たちで決めない、という傾向があります。

ただ、発注している側の実態としては、手がまわっていないから発注しています。

言い換えると、そういった発注をする会社は、プログラマーの手だけが足りいるわけではありません。
その他にも、プロジェクトマネージャーや仕様を決める人も不足しています。

 ソフトウェアプロジェクトの現状
特にIT企業ではプロジェクトマネージャーや仕様を決める人の負荷が高くなりがちなので、どのプロジェクトでもこういった役割の人は不足しています。

ですので、受注する側のあなたがこういった役割までヘルプすることができれば、発注する側に非常に喜ばれると思います。

 ここで「発注する側」に喜ばれると?
あなたの評価が高まって、さらにプロジェクト内で重要な役割を任されたり、次のプロジェクトにアサインされたりといった効果が期待できます。

もちろんどこまで積極的にやるか?は慎重に判断が必要ですが、過去の仕事で「今自分たちの周りで起こっていて、上司や会社に改善してほしいこと」を提案したことがあれば、

・今、プログラマーの作業をブロックしている問題が何か?
・こういうものがあれば効率が上がる、というものが何か?

こういったものをまとめることができるのではないでしょうか?

そしてその結果を発注している側に共有すると、プロジェクト全体が大きく改善できると思いませんか?

なので、「受託開発」とは言っても、単純に開発するだけではなく、一歩進んでそのプロジェクトを進んで整理したりすることによって、他の人にはない付加価値を提供することができます。

 注意ポイント
とはいえ、どこまで積極的にやるか?はプロジェクトの状況や性質を注意深く見て考えるようにしてください。

こういう行動や関係者との調整は、30代だからこそできるようになっている部分もあると思います。

「20代や他のプログラマーだとできないこと」を進んでやることによって、自分の存在価値をアピールできることができます。

まとめ

それではここまでの内容のまとめです。

 この記事の要点
○30代未経験からプログラマーになれるか?
・プログラマーになれる。
・30代だからこそ持っている強みを発揮することで、プログラミングのスキルが一流でなくても、自分オリジナルな価値を提供することができる。

○30代未経験からプログラマーになるための戦略:
・プログラミングの勉強をしてプログラマーとしての基礎スキルをつける
・加えて、これまでの経験や培ったスキルを活かし、他のエンジニアやプログラマーと差別化を行う

○未経験からのプログラミングの独学方法
・1: 目標を設定する
・2: Progateやドットインストールで5割〜8割くらいの理解度(書けなくていい)を目指す
・3: (1回目)サンプルアプリを変更して作りたいものを作る (目標の20%程度の出来でOK)
・4: (2回目)サンプルアプリを変更して作りたいものを作る (目標の50%程度の出来でOK)
・5: フルスクラッチで作りたいものを作る (目標の80%程度の出来でOK)
・6: 自信を持って転職活動 or 案件獲得にGo!

今回の記事は以上です!

この記事が、あなたが未経験からプログラマーになる際の手助けになることを願っています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました